2015年08月28日

作品上映会レポート

初めまして、私は神田外語大学の齊藤雨汐と申します。
8月3日からヒーローガレージでインターンシップをさせてもらっています。

先日、2015年8月18日(火)、渋谷の映画館アップリンクを借りてストーリーゲートの上映会がありました。
それぞれの作品のイラストレーター、絵本作家そして出演者などをお集まりいただきました。

今回の作品はイラストだけではなく、写真や動画を使い新しいジャンルの作品を作成しました。どの作品も制作者のこだわりがあり、テレビやインターネットであまり目にしないジャンルだと思います。

上映した作品はこちらです:

1、この道(11:30)
制作:桑島幸男、音楽:air
出演:國武綾、青戸昭憲、東佳代子(エビス大黒舎)

2、埴生の宿(3:25)
制作:友利翼、音楽:air
出演:青山金太郎、KAOMI、西 千春、ゆうと(子役)、COCOA(子役)

3、庭の千草(3:10)
制作:西坂來人、音楽:air

4、ふたつの足跡(4:36)
文:九十九耕一、写真:宮司信吾、朗読:東郷伽凪子、音楽:air、制作:近藤真帆

5、PAFPAFDONDON(2:27)
作:たなかしん、音楽:air 、制作:近藤真帆

6、じめんのしたのぼくのうち(3:41)
作・絵:穂高順也、制作:近藤真帆、声:平林れお、音楽:インクルードPD

私が個人的に印象に残ったのは、今現在を白黒で表現し、逆に昔の思い出をカラーにする表現法です。後ほど制作者に聞いたところ、人間は悪い話を排除し、楽しい思い出を残す傾向があり、あえて色を逆にしたとおっしゃっていました。 また、久しぶりに絵本の作品も拝見させていただいたのですが、本当に面白く、すぐに気を惹きつけられました。絵本の内容を楽しみながら、子供に夢も与えるような作品でした。現実させることができたらいいなと思いました。それぞれの個性が違った作品でした。

また、上映後は交流会もしました。みんなで酒を交わりながら、自分の歩んだ道や夢について語りました。人生の先輩たちがそれぞれの夢に向かっている姿がとてもかっこよく、素敵でした。普段で聞けない大企業のお話もたくさん聞けました。ためになるアドバイスをいただき、私はまだまだ努力が足りないなと感じました。

自分の夢を実現させている人って本当に素敵です。このような上映会や交流会を設けていただき、本当にありがとうございました。
5D_1519.jpg
posted by ストーリーゲート at 14:57| ストーリーゲートとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

2015年8月18日(火)作品上映会のお知らせ

ストーリーゲートも18年目を迎えました。最近はイラストだけでなく写真・動画を使用した作品も作っています。今回は渋谷の映画館アップリンクを借りて最近の作品を上映する機会を設けましたので、ご興味のあるイラストレーター/絵本作家志望の学生さんもぜひ見に来てください。もちろん入場料などかかりりませんので。ただ上映後の飲み会は会費制ですが。ご参加できるかたは8月17日(月)までに最下部の「このイベントに参加する」からリンクのフォームの項目に記入しご連絡をよろしくお願いします。

2015年8月18日(火)
・上映会(アップリンク)
 15時30分開場
 15時45分〜16時45分 上映
・交流会
 17時30分〜(てけてけ 渋谷道玄坂店 会費3000円程度)
 http://r.gnavi.co.jp/mcm5prhb0000/

上映会場所:アップリンク

map_img_uplink.gif


交流会場所:てけてけ 渋谷道玄坂店

このイベントに参加する
posted by ストーリーゲート at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

2012/08/17発行 メールマガジン

★2012/08/17配信のso-netのコンテンツ会員向けメールマガジンを掲載しています。

・・━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            ストーリーカフェ・ゲート

          〜 ほっとひと息、お話タイム 〜
https://www.so-net.ne.jp/storygate/
2012/08/17
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━・・

 こんにちは。「ストーリーカフェ・ゲート」のマスター・九十九です。
 毎日暑い日が続いていますね。
 水分と塩分の補給、こまめにしていますか?
 夏バテはしていませんか?
 心が夏バテ気味という方は、どうぞ「ストーリーカフェ・ゲート」で
ひと休みしていってくださいね。


★ コラム
―――――――――――――――――――――――――

   懐かしき夏休み

「夏休み」という響きは、とっても魅力的ですよね。とくに小学生のころの
夏休み!
 
 今日はなにをして遊ぼう、明日はどこへ行こうと、毎日ワクワクしていま
した。

 カブトムシやクワガタを探して雑木林を歩いたり、海で拾った貝殻で標本
を作ったり、夜に近所の友だちと花火をしたり。夏祭りでクラスメイトに会
うと、なんだかくすぐったいような気分がしました。

 夏祭りと言えば、特別にもらったお小遣いを、どう使うかも大きな問題で
した。綿菓子やお面などの高価なものも魅力的でしたが、それを買ってしま
うとお小遣いは残りません。悩んだ末、私は大抵、金魚すくいとクジ引きを
選んでいました。

 首尾良く出目金をすくえたときの満足感は、今も覚えています。

 一方クジ引きは、豪華な一等賞を願いつつ引くものの、ほぼ間違いなく五
等賞か六等賞。人生、思うようにはいかないという厳しさを学びました……。

 夏休み中の子どもを見かけてうらやましく思うのは、子どものころの想い
出がくすぐられるからかもしれませんね。

 ただ、夏休みが終わる時期にさしかかると、大人でよかったと思います。
私は宿題をコツコツやるタイプではなかったので……。登校日の二、三日前
は、家に閉じこもり、朝から晩まで、たまった宿題をやらなければなりませ
んでした。

 まあ、今となっては、それもひとつの想い出ですね(苦笑)。

 想い出は人それぞれですが、子どものころの話をしていると、共感すると
ころがいくつも出てきて、懐かしい気持ちが湧いてきませんか?

「ストーリーゲート」の『思い出アルバム』シリーズは、子どものころの楽
しい想い出を呼び覚ましてくれる作品ですよ。

⇒『思い出アルバム Part1』
https://www.so-net.ne.jp/storygate/sakuhin/s211.html

⇒『思い出アルバム Part2』
https://www.so-net.ne.jp/storygate/sakuhin/s219.html

⇒『思い出アルバム Part3』
https://www.so-net.ne.jp/storygate/sakuhin/s232.html


★ お話掲示板
―――――――――――――――――――――――――

 通勤時間1時間。タイムカードは8時半に打刻。次々と言いつけられる雑
用をこなし、5時ちょっと過ぎに退社。

 変わり映えのしない毎日に、私は少しうんざりしていた。
 でも、正面ロビーに「お話掲示板」なるものが設置されたときから、なん
だかソワソワし始めた。

 この掲示板の前を、誰もが通る。

 昨日、思い切って、こっそりと、私の書いたお話を貼った。

 読んでいる人を見るたび、たまらなく溢れてくる笑みをこらえるのに苦労
する。楽しいイタズラをしかけた子どもみたい。こんな気持ち、すっかり忘
れていたなぁ。

 あ、また読んでる人がいる。ふふふ。


   花火のかけら

 私の部屋には、ラムネのビンがあります。昔ながらの、飲み口が取れない
タイプのビンです。本棚の片隅に、ポンと立っています。

 小学二年生の夏のことです。おじいちゃんと花火大会に行きました。私は
大喜びしましたが、いざ花火が上がると、その音の大きさに怯えてしまいま
した。

 地面さえも震動する爆発音。私はもう、わんわん泣いてしまいました。

 おじいちゃんは、そんな私を抱き上げると、人混みをかき分け、花火から
遠ざかってくれました。

 どのくらい歩いたのでしょう。気づけば花火は、安心して眺められるくら
いに離れていました。川辺で下ろされた私は、はしゃいで夜空を見上げまし
た。

「ほら、飲むだろ?」

 いつの間に買ったのか、おじいちゃんは一本のラムネをくれました。おじ
いちゃんは親指で、ビー玉の栓を落とすことができました。

 勢いよくあふれ出すラムネに慌てて口をつける私に、おじいちゃんは愉快
そうに笑いました。泣いて笑って渇いた喉に、冷たいラムネは、じんと沁み
ました。

「さっき、こんなものを拾ったよ」

 おじいちゃんが差し出したのは、赤くて透明なかけらです。

「これはきっとね、花火のかけらじゃないかと思うんだ」

「もう熱くないよ」と渡されたかけらを、私はドキドキしながら見つめまし
た。

「なくさないように持って帰ろう」

 おじいちゃんはラムネのビンを川で洗うと、花火のかけらを入れてくれま
した。ビンをさかさにして、二、三回ふると、飲み口はまた、ビー玉の栓が
されました。

「ガラスの破片でしょ?」

 赤く透き通るかけらを見せると、たいていの友だちがそう言います。そう
かもしれませんが、そうじゃないんです。あの日の、花火のかけらなんです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 編集後記 ★
───────────────────────────────────

★ マスターから最後のひと口
―――――――――――――――――――――――――

 セミの抜け殻って、木の幹なんかにくっついているイメージですよね?
 先日見つけた抜け殻は、なんと自転車の前輪にくっついていました。
 手頃な木を探しているうちに迷子になって、
「も〜ダメ! も〜限界!」
って感じで、こんなところで羽化しちゃったんでしょうかね?
 自転車、羽化が終わるまで動かされないでよかったね。


★ オーナーからお知らせ
―――――――――――――――――――――――――

 ストーリーゲートでは、「夏休みの宿題は読書感想文を書こう」と称して
以下の通り、2ヶ月無料キャンペーンキャンペーンを実施しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

 2012年7月1日(日) 00:00〜8月31日(金) 23:59 の期間中「ストーリーゲート」
に新規でサービス登録されたSo-net接続・こんてんつコース会員のお客様は、
2012年7月度分、8月度分(2012年7月1日(日) 00:00 〜 8月31日(金) 23:59)が
無料(0円)でご利用いただけます。

⇒ご案内
https://www.so-net.ne.jp/storygate/sakuhin/osusume.html
※読書感想文を書くための童話作家からのアドバイスもあります♪

⇒サービス登録
https://www.so-net.ne.jp/storygate/subscribe/srvcindex.html

・・・・・・・・・・・・・・・・

 ストーリーゲートには、現在267タイトルの童話・絵本・落語があります。
読書感想文にぴったりのお話は、原作:浜田廣介、文:立原えりか、絵:田村セ
ツコ、声:茶風林の『泣いた赤鬼』です。ストーリーゲートに寄せられた感想の
一部を紹介します。

⇒『泣いた赤鬼』
https://www.so-net.ne.jp/storygate/sakuhin/k086.html

●「泣いた赤鬼」懐かしく読ませていただきました。
同作を読んだのは小学校2年生のとき、道徳の授業で習って以来です。
日々の生活の中で、気がつくと自分本位になりがちな大人にこそ必要な善意がそ
こにありました。
心に余裕がなくなったとき、また青鬼のやさしさに触れにいこうと思います。
ありがとうございました。

●大好きなお話です。名作は永遠だなぁ・・と胸に沁み入りながら拝見しました。
ラストの青鬼の手紙は究極の優しさを感じますね。茶風林さんのナレーションも
とてもかっこよくて音楽も大人チックで素敵でした。

●自分の幸せを優先しがちな人が多い中、
たった一人の友の為にひっそりと犠牲になる。
犠牲は言いすぎかもしれませんが、見返りを求めず
誰かの幸せを祈れる…
いつの間にか頭の片隅に追いやられてしまった親からの教えをかわいらしい絵本
から思い出させてもらいました。ありがとうございました。

 ストーリーカフェ・ゲート
 オーナー 佐藤真也
 マスター 九十九耕一

【ストーリーゲート】
https://www.so-net.ne.jp/storygate/
posted by ストーリーゲート at 17:06| メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

2012/07/23発行 メールマガジン

★2012/07/23配信のso-netのコンテンツ会員向けメールマガジンを掲載しています。

日常をもっと楽しくするWeb絵本サイト「ストーリーゲート」のお話カフェ
・・━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           ストーリーカフェ・ゲート

         〜 ほっとひと息、お話タイム 〜
2012/07/23
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━・・

 はじめまして。
「ストーリーカフェ・ゲート」のマスター・九十九と申します。

今日からメルマガという形で、カフェをお届けいたします。
と言っても、コーヒーや紅茶をお届けすることはできません。
お届けするのは雰囲気。

お気に入りのカフェで、ほっとひと息ついているようなつもりで読んでください。
当店の入り口は、あなたのすぐ隣にあります。

★ コラム
―――――――――――――――――――――――――

   グリーンカーテン

「うるさくしちゃって、ごめんなさいね」

 階下で暮らすFさんは、ときどき、ちょっと申し訳なさそうに、そんなことを
言います。

 Fさんには元気なお孫さんがいて、遊びにくると、走り回る音や、笑い声が
聞こえてきます。そのことを気にしているらしいのです。我が家ではぜんぜん
気にしていなくて、むしろほほ笑ましく思っているのですが。どちらかと言えば、
二階から一階に響く音の方が多いのではないでしょうか?

 互いに少し気を遣っているのがいいのか、仲良くさせてもらっています。

 先日、Fさんが「うちで採れたのよ」と、ゴーヤを持ってきてくれました。
Fさん宅では、昨年から「グリーンカーテン」として、ゴーヤを植えています。
昨年はプランター栽培だったためか、あまり実らなかったようですが、今年は
直植えにしてみたところ、実りがよかったのだとか。小ぶりなゴーヤでしたが、
こんな贈り物は嬉しいものです。

「お宅も育ててみたら?」と言われました。ですが、ベランダでのプランター栽培
になるだろうし、水やりのときに階下の洗濯物の上に泥水が垂れてしまったら
申し訳ありません。

「じゃあ、一階から二階まで、伸ばしちゃったらどうかしら?」

 ナイス・アイディア! うまくいけば、なかなか見応えのある光景になり
そうです。

 Fさんだけでなく、うちの周りは、うっとうしくない程度の、適度な
結びつきがあります。お裾分けや、料理のレシピの教え合い、雨の降り始めに
洗濯物を干していれば「雨ですよー!」の声が響きます。駐車中のバイクに
当て逃げをしたタクシーのナンバーを、近所の人がしっかりメモしていた、
なんてこともありました。

 困ったときはおたがいさま。口に出しては言わないけれど、心のどこかに
刻まれていれば、ちょっとだけやさしい風が吹くもの。クーラーを効かせるために
窓をしめることだってあるけれど、グリーンカーテンを通して風を入れることも、
なかなかに心地いいものだと思います。

『困ったときは、おたがいさま』という考えは、絵本でも多く描かれています。
「ストーリーゲート」の『大きなイモ』では、お話全体のキーワードとして使われて
います。

⇒『大きなイモ』
https://www.so-net.ne.jp/storygate/sakuhin/s199.html


★ お話掲示板
―――――――――――――――――――――――――

 都心にある、大きな会社。ここでは最近、社長のイスが二代目にゆずられた。

 厳しかった先代が、なぜいともあっさりと、ぼやーっとした二代目に会社を
まかせたのか? 首をかしげる人はいても、うなずく人はひとりもいない。

 そんな二代目が最初にした仕事は、ビルの入り口に「お話掲示板」を設置
することだった。

「楽しいお話を貼ってください。ほほ笑みは活力!」

 みんな「ばかばかしい」と思った。でも、なんだか心のどこかに引っか
かる掲示板。

 なにかお話が貼り出されていないか、ついつい横目でチェックしてしまう
掲示板。

 さてさて、今日貼られていたのは……。

・・・・・・・・・・・・・・・・

   里親募集
                      社長・須藤利衛門

 私の机は、いつもゴチャゴチャしている。机の上も、引き出しの中も、自分
で言うのもなんだが、それはひどいものだ。

 それでも、必要な物をすぐに見つけることができるのは、三人の小人のおか
げなのである。

 ある日私は、ハンバーガーショップに入った。この店のポテトが好きなのだ。
とくに、数本入っているフニャッとしたポテトが好きだ。ポテト全部が
フニャッとしてたらどんなにいいかと思ったこともあったが、それはポテトの
態度してけしからんこと。フニャポテは、ちょっとしか食べられないところが
いいのである。

 いや、話がそれた。

 レジ前で私の前に並んでいた男の注文に、私は驚いた。

「ハンバーガーとコーヒー。砂糖は五本ください」

 一杯のコーヒーに砂糖を五本? どんだけ甘党なのか? コーヒーはブラック
が好きな私には、信じられない。

 好奇心から、その男の隣に席を取った。

 男はトレイをテーブルに置くと、カバンから箱ティッシュほどの大きさの
ケースを出す。

「さあ、みんな。お砂糖、どうぞー」

 小声で言うと、ケースからわらわらと七、八人の小人が出てきたではないか。
小人たちは砂糖の小袋を破くと、さも幸せそうな顔で食べ始めた。私は思わず、
身を乗り出して見つめてしまった。

「あれ? 見えます?」

 男はにっこり笑っている。この小人は、見える人と見えない人がいるのだそ
うだ。

「妖精かなにかですか?」

「どうなんでしょうね? 増えすぎたら、こうして連れてきて、もらってくれ
る人を探すんですよ。二、三人、どうです?」

 小人たちは私に気づき、手を振ったり、砂糖を分けてくれたりした。それは
それはかわいらしかったので、私は三人、引き取ることにした。

「お菓子をあげて、仲良くしてください。まあ、なにができるというわけでも
ないんですけど、楽しいですよ」

 男はそう言ったけれど、いやいやどうして、とっても働いてくれる。ひどく
散らかった机の前で「えーと、ハンコはどこだったかな?」と言えば、すぐに
見つけてくれる。

 鉛筆のお尻で消しゴムを弾いている私を見た人もいるかと思うが、あれは
小人たちとサッカーをしていたのだ。

 小人は今、十四人に増えた。小人の姿が見えて、仲良くしてくれる人には、
ぜひ譲ってあげたいと思っています。声をかけてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 編集後記 ★
───────────────────────────────────

★ マスターから最後のひと口
―――――――――――――――――――――――――

 暑い日が続くと、縁日のかき氷、食べたくなりませんか? あなたの好きな
シロップはイチゴ? レモン? メロン? それともブルーハワイ?

 一度、全部のシロップをかけてもらったことがあります。あえてこの世の色
に例えるなら紫……という、とても食べ物とは思われない色になりました。
欲張りすぎると、残念な結果になるという教訓でしょうか?

 夏バテ、熱中症にはお気をつけくださいねー。

 またのご来店、お待ちしてまーす!

★ オーナーからお知らせ
―――――――――――――――――――――――――

 ストーリーゲートでは、「夏休みの宿題は読書感想文を書こう」と称して
以下の通り、2ヶ月無料キャンペーンキャンペーンを実施しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

 2012年7月1日(日) 00:00〜8月31日(金) 23:59 の期間中「ストーリーゲート」
に新規でサービス登録されたSo-net接続・こんてんつコース会員のお客様は、
2012年7月度分、8月度分(2012年7月1日(日) 00:00 〜 8月31日(金) 23:59)が
無料(0円)でご利用いただけます。

⇒ご案内
https://www.so-net.ne.jp/storygate/sakuhin/osusume.html
※読書感想文を書くための童話作家からのアドバイスもあります♪

⇒サービス登録
https://www.so-net.ne.jp/storygate/subscribe/srvcindex.html

・・・・・・・・・・・・・・・・

 ストーリーゲートには、現在267タイトルの童話・絵本・落語がありますが、
そのなかで一押しは、あんぱんまんの作者でおなじみ、やなせたかしさんの
『チリンのすず』です。ストーリーゲートに寄せられた感想の一部を紹介します。

⇒『チリンのすず』
https://www.so-net.ne.jp/storygate/sakuhin/k187.html

●正義は痛みが伴うもの、本当の正義って何?・・・
先生の行き着かれたところがアンパンマンで、
本作はそこに行き着く過程の、正義と痛み、孤独といった部分に焦点を当てたも
のと感じました。
ただしこれは、作品を見せて頂いたお礼にまずは一言、というつもりで取り急ぎ
感想らしきものをまとめたものです。本作も、他の作品も、これからゆっくりと
噛みしめていきたいと思います。ありがとうございました。

●感動しました。絵本でこんなに泣けるなんて。何気なく閲覧していて「ちりん
のすず」に目が止まり見てしまいました。子供にはこの絵本にある深い内容まで
わかるのかな…親の仇を最後にはこんな風に思えるのかな…一匹狼のガオーが
チリンに心許し…仇を取った後のチリンの寂しさ。作者は、仇を取っても必ずは
気持ちが晴れることはない…と言いたかったのかな。

●気持ちを動かされました。チリンとウオーの想いを考えるとお互いの気持ちに
うなずけます。生きていく事のむずかしさ、かなしさ、厳しさを痛感します。
過去からの知らない事もたくさんあると思います。けれども、きっと行動を起こ
す時には、その人の想いがある。正しいか正しくないかもしかしたら、解らない
こともあるのかもしれません。ただ、傷つける事は、必ず悲しくて淋しい想いに
なるのだと思います。そして、本当の優しさは、相手に伝わると信じています。
たくさんの子供たちにも見てほしいと強くおもいました。心に響くお話、心の
ふるさとを思い出す音楽をありがとうございました。

 ストーリーカフェ・ゲート
 オーナー 佐藤真也
 マスター 九十九耕一

【ストーリーゲート】 http://www.so-net.ne.jp/storygate/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・このメールはSo-netをご利用いただいているお客さまにお送りしています。
・このメールは送信専用のアドレスで配信しています。
 このメールに返信いただきましても、回答はできませんのでご了承ください。
 お問い合わせ先につきましては、メール文末をご覧ください。
・すでに、ご利用いただいている場合には行き違いの失礼をご容赦ください。
・2012年7月22日現在の内容となっており予告なく変更する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
※So-netのユーザーIDパスワードは、お客様ご自身で定期的に変更されることを
 おすすめします。またSo-netで使用されているIDやパスワードと同じものを他の
 サイトで使用することは避け、サイトごとに違うパスワードを設定されることを
 強くおすすめします。

 ▼ユーザーIDパスワードの変更はこちら
  http://www.so-net.ne.jp/support/qa/ans/s4000/s4082.html
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 進学・転勤などでご住所が変更になった際は、以下のホームページより
 ご登録住所の変更をお願いします。

 ▼住所・電話番号確認/変更
  https://secap.so-net.ne.jp/infoservice/subscribe/change.html
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 メール配信停止をご希望の方は、以下のホームページよりお手続きください。

 ▼【So-net おトク!コンテンツ情報】配信停止のお手続きはこちら
  http://www.so-net.ne.jp/contents/tokuten/mailstop1.html

 【手続き方法】
 1)上記URLにてメールアドレスを入力し「メール配信を停止する」を押してください。
 2)So-netより『メール配信停止手続き完了』のメールを送らせていただきます。
  ※情報反映のタイミングにより、配信停止のお手続き後も配信される場合が
   ございます。あらかじめ、ご承知おきください。

※このメールマガジンは送信専用のアドレスで配信しています。
このメールにご返信いただきましても、回答はできませんのでご了承ください。
※このメールマガジンに関するお問い合わせは、下記のお問い合わせ窓口まで
ご連絡ください。また、お問い合わせの際には、該当するメールマガジンの
タイトルを明記の上ご連絡ください。
※海外在住のお客様には、一部ご利用いただけないサービスもございます。
なにとぞご了承ください。

▼本メールに関するお問い合わせ
http://www.so-net.ne.jp/support/ask/info/mail/
▼So-netのサービスに関するお問い合わせ
http://www.so-net.ne.jp/support

発行:ソネットエンタテインメント株式会社
   東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower
  http://www.so-net.ne.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無断転載を禁じます。
Copyright 2012 So-net Entertainment Corporation.
記載された社名、製品名、ブランド名等はすべて各社の商標または登録商標です。
posted by ストーリーゲート at 11:33| メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

ポエールプレゼントキャンペーン

この度、So-netがfacebookサイトにて「ポエールプレゼントキャンペーン」を開始いたしました。

ポエール そりにのせて

『ポエール そりにのせて』

【名称】「ポエール」特製マグカッププレゼント NEW!!
【期間】2011年12月1日(木)〜2012年1月16日(月)
【対象】「ポエール」の年賀状をご注文された方。(2011年11月1日以降にご注文の方も含みます)
【内容】「ポエール」の年賀状をご注文いただいた方の中から、ご注文枚数が多い方から25名様に「ポエール」の特製マグカップをプレゼントいたします。

⇒ポエールの年賀状はこちら

====新着情報!!!====
ポエールからの「いいね!」プレゼント!
「いいね!」をポチッとして下さった方に、もれなくiPhone壁紙をプレゼント中。
===============

posted by ストーリーゲート at 14:58| キャンペーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

蒲生マリコ人形展&落語会

ストーリーゲートでの共演がきっかけの企画です。
共演作品はまだ公開していませんが、落語会当日に上映します。

さいたま新都心の有名ギャラリースペース「アルピーノ」で行われる人形展&落語会にぜひお立ち寄りください。
9月4日はストーリーゲートスタッフもお手伝いに会場におります。

miniチラシ入稿用.jpgminiチラシ入稿用G面.jpg
posted by ストーリーゲート at 13:01| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

『恋キリン』出版のお知らせ!

ストーリーゲートでも大人気の作品「恋キリン」が出版されました。

『恋キリン』

恋キリン

個展会場と通販のみの販売となります。
今回出版した約半数の1000部を被災地に被災地に寄贈されるということです。
興味のある方は、作家:たなかしんさんのブログへGoexclamation

shin-ehon(ブログ)

通販はこちら

■個展会場
ギャラリーヴィー(神戸)
ART HOUSE(大阪)
JACKPOT(明石)
posted by ストーリーゲート at 11:49| 新作情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

落語!

昨年の冬、新宿で一人の落語家さんと出会いました。
「やなせたかしさんの『チリンの鈴』をたまに見たくてずっとストーリーゲートの会員なんです」と。
なんて素晴らしい方でしょう。笑福亭笑助さんです。
上方落語の方ですが、東京に住んでいらっしゃいます。

さっそくストーリーゲートの落語シリーズの相談をしました。それから4カ月が経過し、1作目の『夕立屋』が完成しました。落語シリーズの名称は、スマートフォンでも見ることができる身近な落語になるようにと「てのひらくご」と名づけました。
すでに2作目の『味噌豆でっち』の制作も進んでいます。
ひょんな出会いから、長年の夢だった、ストーリーゲートで落語のシリーズ化が実現しました。

今回、絵とFLASH制作を担当してくれたのが、東京モード学園に在学中のさいとうまいさんです。3月の大震災の時期にも毎日千葉から会社に出社して2作品の絵を仕上げてくれました。さいとうさんは絵本作家志望とのこと。頑張って欲しいです。

2.jpg

夕立屋

真夏の暑い暑い昼下がり。うちわや風鈴ぐらいじゃあちっとも涼しくなりません。
節電中?いやいやクーラーのない時代の小噺です。
おや、ちょうど向こうの角から「夕立屋」のかけ声がしてきたようです。

「何か面白い話してよ〜」と子供に言われて困ったときの小噺『てのひらくご』シリーズの第一弾です。

文・語り:笑福亭笑助、絵・制作:さいとうまい、制作協力:かちのちのら
posted by ストーリーゲート at 15:10| 新作情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

画家・絵本作家 たなかしん さんからのお知らせ

ストーリーゲートに参加のクリエイターのみなさまも、支援への行動を開始しています。
画家・絵本作家 たなかしん さんからのお知らせを紹介します。
ご協力をよろしくお願いします。

-----------------------
昨日はお電話で失礼しました。

改めまして、募金についてリンクのお願いです。

今回の東北関東大震災の義援金をおくるために
ポストカード募金を始めました。

ぼくのポストカードセット3枚を
500円でお買い上げいただき、
その売り上げを全額、日本赤十字社を通して
募金させていただきます。
制作費、制作費、送料、梱包、発送作業は
すべてぼくが受け持ちますので
購入いただきました代金は全額寄付となります。
少しでも募金のきっかけ、輪が広がればと思い始めました。

詳しくは、
HPからブログをご覧ください。

www.misagi.net

ブログなどで紹介していただけるとうれしいです。

どうぞよろしくお願いいたします。


たなか しん

posted by ストーリーゲート at 08:18| リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

世界中のサマー・キャンプの中から、ベストなキャンプを無料でご紹介!

今回ご紹介するのは『キャンプ・エキスパート』です。
以前、ストーリーゲートの制作スタッフだった者が参加している活動ですので、紹介させてくださいわーい(嬉しい顔)

キャンプ・エキスパート

『キャンプ・エキスパート』って何?と思った方、上のバナーをクリックexclamation
概要は以下になります。

================================================
アメリカや海外のサマーキャンプにお子様を参加させてみませんか?
キャンプ・エキスパートでは、世界中の800以上のサマー・キャンプの中から、ベストなキャンプをご紹介します。

ご紹介、ご相談費用は無料です。


キャンプは、主に小・中学生の部と高校生の部に分かれています。
小学生の部はアメリカの大自然の中でさまざまなことに取り組みます。
高校生の部は大学などに滞在しながら学習を中心に行います。

日本では決して味わえないダイナミックな体験ができるサマーキャンプに是非参加してみませんか?
================================================

幼い頃に絵本の世界を旅することも大変重要ですが、現実の旅・冒険はかけがえのない思い出になります。
全く異なる大きな世界を知ることは、その後の人間形成に大きな影響を与えますよね。
もし、機会・チャンスがあれば、是非子供たちにそんな経験をさせてあげたいものです。
posted by ストーリーゲート at 18:49| 新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする