2008年10月20日

『泣いた赤鬼』 管理人感想文

芸術の秋、幼稚園や学校のイベントが多い時期ですね演劇
学芸会などで日本の童話が取り上げられることも多いのではないでしょうか。

そんな中、私管理人も芸術に触れるべく、ストーリーゲートの大人気作品『泣いた赤鬼』を見ましたわーい(嬉しい顔)

『泣いた赤鬼』

泣いた赤鬼


日本の童話名作選に選ばれているこの作品、
本当に泣けましたもうやだ〜(悲しい顔)

古来より鬼は「悪者」とされてきました。
そんなイメージを覆すような、人間と仲良くしたい心優しい「赤鬼」。
親友である「青鬼」のおかげで村人たちに愛されることに成功したものの、その代償に親友という存在を失ってしまうのです。
青鬼からの最後の手紙は・・・もうやだ〜(悲しい顔)

こう書いてると一見悲しいだけのお話のようですが、
とても心温まるお話なのですexclamation

皆さんも是非ご覧になってください。
見終わった後、何だかとても優しい気持ちになれますよ。
posted by ストーリーゲート at 12:07| ストーリーゲートとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする